にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 松本情報へ

「やきたてのパンの店 アルル」でちょっと手の込んだ変わり種パンを食す!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松本市征矢野にある歴史有るパン屋さんです。

そのメニュー構成、意外と攻めてます!

時折、朝店前を通ると漂うあのパン屋さんの良い薫り。

だいぶ前から存在は認識しておりましたがなかなか突入できず。

今回はちょっと変化球でパン屋さんのご紹介。

お昼時にお伺いすると配達の車など忙しそうにお仕事する店員の方の姿が。

店頭の在庫が比較的抑えめな所を見ると、配達による販売がメインとなっているのでしょうか?

とにもかくにも突入。

ウィ~ンと自動ドアが開くと、目の前の壁に山雅ユニフォームが掲げられており、ドアの開閉に伴って上下するギミックが仕掛けられておりました。

…声を出して驚いて、しりもちをつきそうになったのをグッとこらえた小心者は私です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メニュー

IMG_6864

IMG_6865

基本的にお昼の店頭在庫は各種1個づつ、早い者勝ちだとお考えください。

あくまでごはんとしてのパンとしてカウントすると、ものにはよりますが価格帯的に185~300円程。

昨今は各量販店やコンビニやらで手軽な価格でパンが買えるようになっておりますが、恐らく大量生産せずに売り出すならば本来このくらいの値段が適正なのかもしれません。

逆を言えばサンドイッチ(300円)は他店と比べてもそれほどの価格差は見られません。

さて、皆様。お気づきになりましたでしょうか?

どちらかと言うとこのお店に関しては「老舗」としての認識が強かった私。

通常メニューの攻めの姿勢を見てちょっとびっくり。

「ロングセラー!」と書かれていた竹輪カレーパン(185円)辺りは「そうそう、この手のやつは絶対外さないんだよなぁ」とか思いながら見ておりましたが…

春巻きのエスニックソース和え(185円)辺りで「んっ?春巻きまるごと乗っかっとるやんけ…」などとそれぞれのメニューの個性に目を奪われていきました。

ごぼうベーコン(185円)など発想的にありそうでなかったもの等どれも捨てがたい。

これには優柔不断な私、参ってしまいました。

今回は数日に分けてちょっとずついただいた品々を一挙公開いたします。

ジューシーから揚げ(油淋鶏ソースあえ) 185円

IMG_6867

まさかパン屋さんで油淋鶏の字面を拝めるとは思っていませんでした。

から揚げパンの香味だれがけ的な感じでしょうか。

この油淋鶏ダレの焦げたところがたまらなく香ばしく、確かに普通のから揚げパンとは一線を画します。

どこかレトロな雰囲気も有り、新しい側面もある面白い一品。

クリーミー帆立コロッケ 195円

IMG_6902

お総菜パンからも。

コロッケパンでも無く、クリームコロッケパンでもなくクリーミー帆立コロッケ。

とろっとクリーミーなクリーム部分から帆立の味わい深い風味が見え隠れ。

パンの部分がふっくらやわらかでトータル戦闘力高し!

牛すじカレーパン 185円

IMG_6903

むしろこのお店にいわゆる普通のカレーパンはありませんでした。

カレーパンの1つ、牛筋カレーパン。

牛筋肉自体は程よい大きさ、またルーは結構甘めの仕上がり。

コクのあるカレーで子供から大人まで間違いのない一品。

半熟卵のカレーパン 195円

IMG_6868

見た目は普通のカレーパンなのですが、中には半熟卵が1つ潜んでおります。

半熟卵って味がマイルドになるとかそういった効果が一般的に言われますが、私的にはビジュアル的なギミックだと思っております。

食欲がとめどなく溢れてロマンティックが止まらない。

とろ~んとあふれ出す黄身

IMG_6869
このあたりは外さないですね。

お子さんがとっても喜びそうなエンターテイメント性溢れる1品。

お味の方も万人受けしそうな辛過ぎず美味しいバランスのカレーパンでした。

私の勝手な想像とはかけ離れて、良い意味で面白い商品が沢山ありました。

また珍しいパンを探しにお邪魔したいと思います。

美味しかったです。

御馳走様でした。


店名 アルル
TEL 0263-26-8280
住所 長野県松本市征矢野1-2-23
営業時間 [月~金] 7:30~19:00 [土] 7:30~18:30
定休日 日曜日・祝日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す