にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 松本情報へ

「ガパオは初めてかい?」ほっともっとの魅惑の新商品ガパオライス実食!2016!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほっともっとが提供するガパオライスが今年もやってきた!

2016年は6月13日に新発売となったコチラの商品を早速試してみました!

DAIGOさんが出演するミステリアスなCM。ご覧になった方も多いのではないでしょうか?

昨年2015年にも話題となったほっともっとのガパオライス。

「さぁ、魅惑のピリ辛体験へ。」の言葉にまんまと踊らされて早速体験してきました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メニュー

IMG_6560

「ガパオライス」は、鶏のひき肉を「ガパオ」と呼ばれるバジルとスパイスで炒め、ご飯の上にのせたスパイシーなタイ料理。ほっともっとでは、タイ直輸入のガパオソースを使用して、本格的な辛さとガパオ独特の風味を味わえるよう仕上げた。別添えの「辛味ナンプラー」で辛みを加えてもよし、トッピングのフライドエッグを混ぜてまろやかにするもよし、レモンを絞ってさわやかにするもよしだ。好みに合わせて楽しみ方は様々。価格は430円。

昨年まではポテトサラダの部分がサラダとなっており、お値段も500円台後半となっていたため単純な値段と言う部分では今年はお買い求めしやすく設定されているようです。

サラダ以外何か変わったのか…

とにもかくにも食べてみましょう。

ガパオライス 430円

IMG_6562

おいしさの決め手は、本場仕込みのソース。お肉を炒めるソースは、本場タイから輸入。フライドエッグ、ナンプラー、レモンをお好みであわせて、本場の味を楽しんで!

こ…これは…間違いなくガパオのライスです。

ちなみに別添で「辛味ナンプラー」なるものがペタッと蓋部分に張り付けられております。

どことなく漂うエスニックな薫り。

鶏ひき肉、ホーリーバジル、パプリカ、フライドエッグ。

んでもって絞るためのレモンとポテトサラダです。

とってもシンプルな構成です。

本来であればはじめは何も加えない状態を味わって味変を楽しみながら自分好みを見つけていくのが王道かとは思いますが、私はブログを書く人間としてあるまじき行為に出ました。

最初から全開。全部がけです。

辛味ナンプラーをどっぷりと。

さらには親の仇かと思うくらいにレモンを思いっきり絞りました。

物凄いアジアンチックな薫りによだれが止まりません。

さて、実食。

基本的に全部がけした状態を基本としてお話しさせていただきます。

辛さは辛味ナンプラーも手伝って程よくピリ辛。

恐らく辛いのがそれほど得意ではない人でも食べられる辛さ。

も、しっかり辛いですので私のような汗製造工場を備えている方はタオルのご準備を。

ナンプラーが別添のため、際立ってナンプラー香強し。

ナンプラー苦手な方はかけない方が良いかと。…ま、普通に考えればかけないか。

この完全にナンプラーとレモンの酸味がこのガパオライスの顔です。

逆に本来もう少し前面に出ても良いかなぁと思われるホーリーバジルの薫りは控えめ。

…はじめから全部ぶっかけた私が言うのはお門違いな気がしますので、その辺確かめたい方はやはり始めは何もかけずに徐々に味を変えていく方が良いでしょう。

でもね、まったく後悔はしていませんのよ私。

この異国の薫りっ!味っ!想像よりも美味しかったのだ!

今まで食べたガパオライスのそのどれとも違う特徴的な薫り!

…まぁ明らかにナンプラーとレモンが際立ってるからなんですけど。

これは私的には好きな部類。大陸的な異国情緒溢れる感じ。

フライドエッグは個体差かと思いますが今回はしっかり完熟タイプでした。

半熟の黄身をとろりと絡めてっていうのが本来あるべき姿なのかもしれませんが、私的にはそこまで半熟にはこだわらないかも。

ナンプラーで食べる目玉焼きってだけで大興奮。

このお値段でこれが食べられるのはとっても嬉しいであります。

毎年期間限定の様ですが、ある程度定番化しても良いような気もします。

ま、イメージ的には夏っぽいですけどね。

この辺りはリピートすると思います。

ほっともっとは地味に利用頻度高いですので、そのほかのメニューも近日一挙ご紹介していこうと思います。

美味しかったです。

御馳走様でした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す