松本市野溝「酒食工房マイカマド」のランチは三元豚の肉と各種ラーメンが美味しっ!

 

松本市野溝の味のある長屋の一角。

「酒食工房マイカマド」のランチは三元豚&ラーメンでご飯がススムっ!

 

 

デリシアの石芝から野溝に抜ける道に趣のある長屋が御座います。

惜しまれつつも閉店された「ずくや昌楽」さんのあった場所に出来た新しいお店のご紹介です。

 

http://mykamado.shinshu.link/

 

…とは言えOPENは今年の2016年4月16日。

私がお伺いしたのは確か8月。

 

上記リンクを見ていただければわかるかと思いますが、このお店色々なことに挑戦されているので、メニューのベースは変わらないのですが色々と変更点あるかもしれません。

ご紹介遅くなってしまったのであくまでご参考までに。

 

このお店、ランチは三元豚がお得にいただけるランチやラーメンなども提供しております。

そして、お店の名前通り夜にはお酒が美味しく飲めるお店として様々なジャンルの一品料理などを頂くことが出来ます。

 

この辺りのメニュー構成は、どんなものにでも挑戦しているハングリー精神が表れているような気がします。

 

駐車場はずくや昌楽のころと同じく店前に頑張って2台ほど。

店内はお馴染みの細長く決して広いとは言えませんがこの感じがまた慣れた人には落ち着ける空間と変貌します。

 

 

メニュー

img_7337 img_7338

 

この辺りが基本メニューかと。

定食メニュー、ラーメンメニューが充実。

メニュー表いっぱいに広がる選択肢のワンダーランド。

 

定食メニューの軸は何と言っても三元豚。

…そもそも三元豚とはなんぞや?

<知っておきたい豚の5大品種と「三元豚」

私たちが日頃食べる豚肉の多くは、数種の豚をかけ合わせることによって生産されています。その代表的な品種が、下記の5品種になります。これらの品種の優れた特徴を生かし合うことで、より美味しく、安定して供給できる豚肉が誕生するのです。ちなみに、バークシャー(黒豚)と中ヨークシャーは、単種のブランド豚(銘柄豚)としても人気があります。

・ランドレース(L)
デンマーク原産、白色の大型種。繁殖力に優れる。
・大ヨークシャー(W)
イギリス原産、白色の大型種。赤身と脂肪のバランスが良い。
・デュロック(D)
アメリカ原産、赤褐色の大型種。肉質が良く、サシが入りやすい。
・バークシャー(B)
イギリス原産、日本では「黒豚」として一般的。肉質が極めて最高。
・中ヨークシャー(Y)
イギリス原産、白色の小型種。脂肪の旨味と香りが良い。

改めて、「三元豚」とは異なる3品種を交配した豚、もしくはその方法を指します。日本の養豚業界で主流なのが「LWD」の組み合わせです。これはLのメスとWのオスをかけ合わせ、生まれた豚のメスにDのオスを交配し、豚を生産する方法のこと。生まれた三元豚(LWD)は、祖母のランドレース(L)と祖父の大ヨークシャー(W)、父にあたるデュロック(D)それぞれの特徴を持つ優れた豚肉となります。

 

実はこの辺りが専門だったりする私ですが上記参照してください。

 

簡単に言いましょう。優れた豚肉であります(適当)。

まぁ細かいことは抜きにして、配合などを考えて肉質などを考慮した美味しい豚肉って感じで良いと思います。

 

この三元豚を柱にした定食、そしてその豚骨を使用したスープのラーメンなど正に「骨の髄まで」三元豚推しのこのお店。

 

でもメニューを隈なく見てみると突如麻婆豆腐定食が出てきたりとラインナップ的には試行錯誤もうかがえる内容。

 

img_7339

 

ちなみにコチラは1品メニュー。

このラインナップ、そしてこの構成の幅の広さは圧巻。

毎日ちょっと飲みに行ってもこれだけの1品メニューがあれば飽きる事は無さそう。

 

img_7336

 

そしてこれがこの日のランチのラインナップ。

こんなもんどれ頼んでも間違いないでしょ。

とにかく豚に対する自信が垣間見えます。

 

冷やしメニューが先行しているのは恐らく突入したのが8月だったのがでかいかと。

現在の様子はこの記事上のリンクから見てみてください。

 

 

で、さんざん悩んだ挙句こちらを注文。

 

豚骨醤油ざるラーメン+カルビ丼(小)セット 750円

img_7341

 

カルビ丼セット(490円)と散々迷った挙句の注文。

「豚骨醤油」の文字に負けてしまいました。

 

清涼感のあるざるラーメンの見た目、そして何より豚肉の焼けた香ばしい薫りが店内を支配します。

 

店主がキッチンで調理する様子もしっかり見えますのでフライパンでジュージュー肉を焼いている様子も見えてしまい、それがまた物凄く食欲をそそるわけです。

 

img_7342

 

さて。まずはざるラーメン。

麺は中華麺。締まった麺にねぎとアスパラ1本が乗せられたシンプルなもの。

つけ汁は豚骨醤油ベースとのことですが想像しているような「濃厚豚骨醤油っ!」って感じではなくベースに潜んでいる感じで基本は酸味若干強めの醤油ダレ。

まぁこの辺はご想像通りで間違い無いです。

 

img_7340

 

そんでもってこのお店の「顔」と言っても過言では無い三元豚を堪能できるカルビ丼。

 

これ、良いっす。

 

内容はとってもシンプルで玉ねぎ、パプリカ、豚肉。

で甘辛のタレで炒められたそいつらをごはんにon。

 

…想像してみてください。こんなもん絶対美味いです。

 

お肉も変に薄切りではなくそれなりに一切れ一切れ食べ応えがあり、肉感がありながらもじゅわっとした甘みのある脂も堪能できる秀逸な1品。

つまり、豚肉の旨味を全面に推し出してくる一品っ!!

 

あぁ、この豚肉…美味いなぁ…

 

 

カルビ丼単品でも大盛りや特盛も選べますが、更にステーキ丼なるものも御座います。

 

…ぐっ…気になる…

 

 

次回はこの辺りを深く掘り下げてみたいところ。

 

 

 

日々進化を続ける酒食工房マイカマド。

今後の展開から目が離せません。

 

 

 

美味しかったです。

御馳走様でした。

 

 

 
店名 酒食工房マイカマド
住所 長野県松本市野溝西1-3-4
営業時間 11:30~14:30(L.O14:00)17:30~24:00 (L.O23:15)
定休日 無休

 

コメントを残す

関連記事

松本市の中華食堂「隆康」は、餃子も山賊焼きもなんでもガッツリ爆盛りの超人気店!

長野県民歓喜!みんなのテンホウ×サークルKの超絶コラボ「タンタンメン」爆誕!

松本市「中華料理喜多郎 両島店」で食い倒れ特盛ランチメニューにギブアップ寸前!

【無奏天生】5月限定の「汁なし辛口麻婆麺」は美味すぎてちょっと卑怯!

中華料理で安くてお腹一杯になりたいなら「紅太陽」に決まり!

松本市周辺で二郎系ラーメンを喰らうならココ!「麺とび六方」でガッツリ!…うぷ。