「小木曽製粉所」は信州産そば粉使用の本格そばを手軽に食べれる人気店だった!

信州・国産の蕎麦を100%使用した「本物の蕎麦」
「小木曽製粉所」は、その「本物」を格安で頂ける素敵なお店でした。

そば・天ぷら処 小木曽製粉所

 

既に長野県内に8店舗を構える大滝グループの蕎麦専門店。

冒頭にも書いた様に信州産の蕎麦粉にこだわり、「挽きたて」「打ち立て」「茹で立て」を味わえるお店との事。

村井にOPENしてからずっと気になっておりましたが今回イオン南松本店に出店したとあってようやく初潜入。

前回の記事の続編…と言うか、リンガーハットとセットで食べるというラグジュアリーな体験。
長崎と長野県が胃袋の中でコラボレーションしました。

当然こちらのお店も大混雑でした…

 

メニュー

IMG_0382

先ずは基本メニュー。

簡単に言うとメインは2つ。冷たい「ざる」とあったかい「かけ」です。
肉つけそばなるものも御座います。

前回のリンガーハットに引き続き「ざる」関しては大ざるにしてもお値段据え置き税抜き500円!
これはとっても大事。そしてとっても素敵です。

そば以外にもご飯ものとして天丼、かき揚げ丼、ソースかつ丼なども御座いました。
ちなみにこの日は盛況の為御飯がなくなってしまいました…との声も聞こえてきました。

メニューにある「てんこ盛り丼880円」に関しては15:00以降の提供と記載有りました。
タイムセール的な。これはきっとお得なんでしょう。

IMG_0380

 

こちらはサブメニュー。
各種天ぷらや山賊焼きなどとにかくアゲアゲで揚げ物が並びます。

山菜きのこで山菜そば、おろしを付けておろしそば等のカスタマイズも可能。

 

IMG_0381

基本のシステムとしては「はなまるうどん」や「丸亀製麺」等と同じ感じです。
メイン → トッピング → お会計 の流れをラインに乗って行います。

冒頭でも言いましたが基本全て茹で立てを提供するとの志の元、茹で置きはしていないため普通よりも若干提供に時間がかかります。

目の前で茹でているのを見れるのでなかなか楽しいですが。

 

今回は初めてなので、基本を攻めます。

 

大ざる  500円(外税)
ちくわ天 100円(外税)
かき揚げ 200円(外税)

IMG_0383

麺がキリッとして凛々しい見た目です。
トッピングはするつもりなかったのに誘惑に負けました…
かき揚げの厚みが凄い。渥美清。

やはり大ざるでも同じ値段なのはメタ嬉しい。
しかも信州産のそば粉との事なので味音痴の私でも雰囲気だけでテンション上がります。

天ぷらたちは、想像通りの満足度。
油物と蕎麦ってどうしてこんなに相性が良いのでしょう。

とんかつラーメンや天ぷらラーメンが美味しいのもうなずけます。

 

IMG_0384

標高はこんな感じ。

うん。流石に大ざる。盛りは良いね。

肝心のお味。個人的には麺の固めが若干固めでドストライク食感でした。
蕎麦の薫りは基本細かくはわからない私ですが、美味しいと思います。ハイ。

ツユは少し塩気が立っている印象。天ぷら達には丁度良さそうな塩梅。
減塩生活を心がけている私的には蕎麦単体で食べるには若干濃く感じました。
でもその塩気がまた美ん味いんだけれども。

 

そもそも蕎麦自体をなかなか外食で食べることがない私。
私以外にも「長野県に住んでるけど外食で蕎麦ってあんありチョイスしないです。ちょっと観光客価格でお高いし頻繁にも食べれないし…」と言う県内在住の皆様は少なからずいると私は思っております。

そういった日常的に「蕎麦」という選択肢が無い層には嬉しい価格設定であることは間違いないです。
そして、そういった層にこの小木曽製粉所はバッチリハマってくると思います。

県外からのお客様にも。県内在住の手軽な外食としても。蕎麦の普及に一役買いそうなこのお店。今後も要チェキです。

 

御馳走様でした。

 

 

 

店名 小木曽製粉所イオン南松本店
TEL 0263-87-0281 (お問い合わせ専用)
住所 長野県松本市双葉5-20 イオン南松本店 1F
営業時間 10:00~21:00
定休日 無休

 

 この記事へのコメント

  1. 匿名 より:

    小木曽製粉の店やHPでは、使用しているそば粉が信州・国産100%とは表示されていないようですが、
    どこかで確認できますか。
    また、そば粉の購入は可能かご存知でしょうか。

    • 管理人com. 管理人com. より:

      コメントありがとうございます!
      信州・国産100%の旨はHP小木曽製粉所ロゴ左上にも記載は御座いましたが、色々と変化があるかもしれないと私も気になるところではありましたので、王滝さんに今直接電話で問い合わせて見ました。
      以下内容詳細です。

      ・蕎麦粉の産地を教えてください。
      ⇒基本的にお店で出しているものは信州産の蕎麦粉で、信州産が足りなくなった時期のみ他県産の蕎麦粉を使用することもあるとの事でした。

      ・蕎麦粉の販売は可能ですか?
      ⇒可能です。(1kg〜)
      御依頼の場合はお店では無く工場の方に連絡し、各店舗にて引き渡しと言う形を取っているそうです。信州産の蕎麦粉を希望ならば、工場に注文する際にその旨伝えてくださいとの事でした。

      以上のような形でしたが御参考になりましたでしょうか?

コメントを残す

関連記事

信州駅そばの代名詞!「信州そばイイダヤ軒」の癖になる魅惑の蕎麦をズルズルっといた...

【かつ丼】松本市和田「魚菜 恩」のワンコインランチの品質の高さに腰抜かす!【そば...