ラーメン

松本市「支那そば太郎」は昔ながらの味わいの行列の出来るラーメン店!

どうも。ヤミツキマツモトのコムさん(@infoyami2ki)です。

突然ですが梓川にある「おもちゃのてっちゃん」を御存知ですか?

私が幼少の頃…それこそ今は無きハローマックなどが勢力を拡大するよりも前から営業されていると思われるおもちゃ屋さんです。

コムさん
コムさん
当時ミニ四駆の初代赤黒のハイパーダッシュモーターを買ってもらった事、今でも忘れませんよ。
テルさん
テルさん
最近はもう営業されていないのかなぁ…

 

今回は、そんなおもちゃのてっちゃんの横でいつも混雑し、時には行列が出来るラーメン店をご紹介いたします。

早速詳細見ていきましょう。

 

松本市「支那そば太郎」の場所・アクセス・駐車場は?

松本市「支那そば太郎」の住所・アクセス

支那そば太郎の住所は長野県松本市梓川倭555−1です。

コムさん
コムさん
地図はコチラ!

デリシア梓川やボーリングのココレーンのある区画の道沿いに御座います。

歴史あるお店ですのでお店には行った事が無いけど、この看板を見たことがあると言う方も少なくないはず。

 

テルさん
テルさん
以前ご紹介した付近の御店はコチラ!
松本市梓川「ラーメンヌプチェ」の海老薫るラーメンは食べる価値有り! 松本市梓川で特徴的な海老薫るラーメンで人気を誇るラーメン店が有ります。 今回は「ラーメンヌプチェ」にお邪魔して海老が自慢の...
松本市梓川「豚骨醤油ラーメンまじめ家」で本格家系ラーメンをすする! どうも。コムさんです。 松本市梓川に2018年2月9日にオープンした期待の新店「まじめ家」。 今回はなにかと...

 

松本市「支那そば太郎」の駐車場は?

駐車場はお店の前にも数台駐車可能ですが、前述のデリシア梓川店やココレーンなどがある区画の広いスペースもあるので買い物などと併用されるのもよろしいかと。

 

松本市「支那そば太郎」の店内の様子・雰囲気・喫煙は可能?

暖簾を潜って入っていくスタイル。

店内はL字型のカウンター席のみで10席ほど。

小上がりやテーブル席は御座いませんのでお子様連れの方はご注意を。

ナッツマン
ナッツマン
だがしかし、子供用の椅子も用意されているのである程度のお子様ならばへっちゃらだい!

 

カウンターの奥では御主人が忙しそうに動いており、この日も客足が途絶えずに入れ代わり立ち代わりほぼ満席状態が続いておりました。

時間帯によっては混雑致します。余裕を持ってお出かけください。

 

松本市「支那そば太郎」は喫煙可?禁煙?

店内は全面禁煙とのことです。

外観の雰囲気的に喫煙できそうな感じもありますが、禁煙ですのでご注意ください。

 

松本市「支那そば太郎」のメニュー

増税前の価格ですので参考程度にお願いいたします。

 

メニュー構成はとってもシンプルです。

基本の支那そば、チャーシューメン。

そして味噌ベースのみそ、みそチャーシューの4種類です。

そこに大盛り、特大などのボリューム的な概念が加わるだけのシンプル設計です。

 

アッキーさん
アッキーさん
そして、ここの御店の最大の特徴と言えばラーメンには必ずサラダがセットで付いてきます!
テルさん
テルさん
お値段据え置き!
超ナッツマン
超ナッツマン
ドレッシングは比較的ツユだく!

 

ラーメン屋さんにおいて最も気になる野菜不足問題も一気に解決してくれるサラダセットは嬉しい限りです。

ラーメンにはサラダ(キャベツの千切り)が標準装備されている!

今回は気になったもの全部まるっといただいてみました。

 

支那そば 650円

一番人気にしてこの店の基本である支那そばを。

チャーシュー、メンマ、長ねぎ、海苔と見ただけで表情が和んでしまうような懐かしさも覚える基本の内容。

 

見た通りのスッと入ってくる醤油ベースのスープですが、鶏ガラや豚骨由来と思われる動物の旨味もグッと感じられます。

懐かしさもあるのに、変に古臭さを感じない独特の雰囲気があります。

コムさん
コムさん
味若干濃いめにして麺若干柔めが基本スタイル!!

 

チャーシューメン 850円

チャーシューが沢山食べたいと言う方には勿論チャーシューメンを。

そしてとにかくチャーシューが美味しゅうございます。

「これこれ!このチャーシューよ!」と言いたくなる肉の旨味が凝縮されたようなチャーシューです。

テルさん
テルさん
欲を言えばチャーシュー丼食べたいっす!

 

みそラーメン(大盛り) 950円

みそラーメンは支那そばと比べて100円増しです。

支那そばを注文される方が圧倒的に多いため、今回頂いたのは勿論お目にかかるのも初めてでした。

支那そばとトッピング内容が大きく変わり、野菜感強めの仕上がり。

わかめとコーンが添えてある辺りどこか食堂系の味噌ラーメンを想像してしまいます。

お味自体はシンプルなものですが、良くある味噌ラーメンと比べるとシャープな印象。

味付けも濃い口…と、思いきや比較的あっさりした優しい仕上がり。

支那そばのお店として有名なお店のイメージが強いですが、レギュラーを守り続けているということはきっと根強いファンがいるということなのでしょう。

支那そば太郎の新たな一面を垣間見た一日なのでありました。

 

松本市「支那そば太郎」の懐かしくも愛しきラーメンまとめ。

ちょっと柔らかな麺の食感を包み込むのは、動物スープのちょっと濃いめの優しさでした。

昔ながらの味。なのに古臭さを感じさせない芯のあるお味だと思います。

御店の方も手慣れた様子で人数分に麺取り分ける様を見ているとほっこりいたします。

こちらも歴史あるお店ですが、今後もお体に気を付けてこれからも長く営業して欲しいお店の1つです。

 

美味しかったです。

御馳走様でした。

 

関連ランキング:ラーメン | 新村駅三溝駅北新・松本大学前駅

コメントを残す