格安SIMってなんぞや?

 

コミ

コミ
では、依頼があったから簡単に説明していくよ!

 

そもそも格安SIMって何?

 

この辺は怪しいものでも何でもないのでご安心を。

簡単に言うと今使ってるドコモやauなどの大元の電波回線をちょいと拝借して別の会社が運用していて、その会社が発行するSIMカードのことを「格安SIM」って言ったりするね。

よく「格安SIMにしたら電波悪くなるんじゃない?」とか言われたりするけど、正確には回線自体はドコモ回線のまま変わらないよ。

 

先ず説明する前に格安SIMにするにあたってデメリットがあるからそれから整理していきます。

 

 

格安SIMに変更することによるデメリット

 

機種本体は自分で用意しなければいけない。

 

これは今回は問題無いかな?

ドコモのiphone ⇒ ドコモ系のsim に変更する前提で全部書いていくよ。

 

ドコモのiphoneからドコモ系に移る場合は基本的にSIMロックの解除等は必要ないっす。

もし、ドコモ系以外のsimに変更したい場合はsimロック解除が必要になるけど、今回はわずらわしくなるからとりあえずドコモ系のsimに変えておいた方が良いかと。

もし使っているうちに不満や魅力的な別会社が出てきたら移ったら良い。基本的にキャリア(ドコモ、au、softbank)のようなキツイ縛り(2年使わないと違約金とか)は無いです。多少はあるけど。

 

なので今回は今2人が使っているiphoneをそのまま使う前提で話進めるよ。

新型も出るようだから新型に買い替えるタイミングで変えても良いとは思うけど。

 

基本的に違約金を払っても、新機種に買い替えても長い目で見れば安くなることは間違いないのでその点は初めに言っておきます。

 

 

音声通話をたくさんすると逆に高くなる可能性がある

 

音声通話ってのは090うんぬんかんぬんって通常の電話番号に電話することだよ。

lineやfacetimeはネット電話なので発生するのは通話料ではなくパケット代なのでここで言う通話料には含まれないから注意。

なので、どうしても携帯電話に通常電話をかけなけばいけないケースが多い場合(例えば仕事でよく電話する相手がガラケー)はあまりおすすめしませぬ。

 

固定電話(自宅など)にかける通話も、ここで言う音声通話に入るんだけど「050」とかの固定電話用のIP電話サービスもある(要は固定電話にも安くかけられる)ので固定電話に関してはそこまで心配しなくてよいかも。

要するに通常通話料金の設定はキャリアより高めです。

 

ただ、かけ放題などのプランもあるのでその辺りは月額使用料と相談しながら決めると良いよ。

 

 

キャリアメールが使えなくなる。

 

簡単に言うと「docomo.ne.jp」で長年使ってきたメールアドレスは使えなくなるよ。

lineなどは今まで通り使えるからそちらで連絡とれば良いんだけど、そういうのが使えない場合はgmailなどのフリーメールアドレスを作成する必要があるよ。

gmailはいろいろと便利なので1つはアドレス持ってた方が良いと思うよ。

 

それに付随してだけど、メールの送り先がガラケーだったりする場合フリーメールからのメールは拒否する設定になっていることが多くてメールが送れない場合があるよ。

相手に解除してもらえば問題ないんだけどそういったデメリットもあるということ。

 

 

回線が混雑することもある。

 

大手キャリアと違うのはここ。

お昼とかいろいろな人が一気に回線を使用すると速度が遅くなる時間帯がある。

 

ただ、体感的に通常のweb閲覧とかに影響が出るレベルでは無いと思うので、お昼にyoutubeとかの動画見るとかお昼にweb漫画よく読むとかだとちょっとイライラするかもしれません。

 

そのくらいの感じなので必要以上に考える必要は無いかと。

 

 

 

デメリットとしては以上。

もしここであてはまるならやめた方が良いです。

 

 

 

メリット

 

逆にメリット。

このあたりは感覚的にわかると思うから割愛していくよ。

  • 月額使用料が安くなる。
  • 違約金が無い or 少額だったりするので気に入らないがあれば比較的簡単に違う会社に移れる
  • 機種代を払い終えれば使用料のみで使える。(今回は関係ないかな?)

 

こんな感じ。

 

 

 

格安simの会社(docomo系)

 

次に具体的にdocomo系の会社ってどこがあるのか見ていくよ。

  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル
  • mineo(マイネオ)
  • BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)
  • U-mobile(ユーモバイル)
  • IIJmio(みおふぉん)
  • OCN モバイル ONE
  • DMM mobile(DMMモバイル)
  • DTI SIM
  • NifMo(ニフモ)
  • エキサイトモバイル
  • FREETEL(フリーテル)

 

こんな感じでいろいろあります。

 

まぁ全部見て比較するのもアホらしいのでピックアップして見ていくよ。

OCNモバイルONE

 

OCNモバイルONE

我が家はコレ。まぁ無難なところ。

ちなみに、他のメーカーだと基本的に千穂と大ちゃんの2台別に契約することになるけど、OCNだと1回線契約してそこにsimカードを追加する形で契約できる。

簡単に言うと1回線なので若干安い。けどパケットは基本的に共有になる。

値段的にもまぁ普通。回線は他と比べると評価はやや遅いかなと言ったところ。

だけど相当なヘビーユーズしない限り通常使用する分にはなんの問題もないです。

 

mineo

 

mineo

 

ミネオじゃなくてマイネオって読むよ。

 

ここのメリットは余ったパケットを全然関係ないユーザーから分けてもらったりすること。

つまり、契約ギガ数を低めに設定しておいて足りなくなったらヤフオクとかで他の人の余っているパケットを格安で売ってもらうことが出来るよ。

…ただ、その分手間はかかるけど。

 

本気で節約しようと思えばマイネオは最強かもしれないっす。

ただ、めんどくさいわりにどこまで節約できるかっていうと、結果的に月に何百円とかそういうレベルかもしれないから費用対効果としてどう考えるかは人それぞれかなぁ。

回線速度などもおおむね評判良い。

 

あとは楽天ポイント重視なら楽天モバイルだし、lineモバイルは比較的新しい回線だから混雑しにくいとかいろいろあるけど今回はOCNとmineoどちらかが無難じゃないかと個人的には思います。

 

…キャリアじゃないので、気に食わなければまた移れば良いので。

 

 

今回はOCNを例にとって見て見るよ。

 

 

契約の手順

 

ドコモに電話して解約する旨を伝え「MNP予約番号」を聞く。

OCNサイトにて申し込み

simカード到着

設定

完了。

 

 

実はこれだけ。

特別店に行って何かするとかそういうことは無いです。

基本的には自宅で自分ですべて完結できます。

 

詳しくはコチラ ⇒ ナンバーポータビリティー

自分が変更した時は、確か1回線契約して複数sim持つ契約はネットからしか申し込み出来なかったはず。

この辺は具体的に進めてみないと今どうなっているのか正直わかりません。

 

 

具体的に設定の際数時間スマホが使えなくなる時間が発生しますが、それ以外で回線が止まったりすることは無くいつも通り使えます。

 

手続きに関しては実際はOCNサイトに従ってやっていくだけなのでまぁそんなに心配はいらないかと思います。

 

どのくらい安くなるの?

 

ここが一番気になるところですかね。

 

具体的に今どの程度料金がかかっているかにもよりますが、一般的な話を。

 

仮におおよそ1か月1回線全部込みで8,000円かかっていたとします。

2人で16,000円として計算していきましょう。

 

simに変えた場合の基本的な料金構成は以下の通り。

基本料金+通話料+機種代(機種代の残あれば残) = 月額使用料

 

 

では具体的に。

契約するとなると音声通話の出来る音声simを2機種分契約することとなります。

 

初期工事費用3,240円とSIMカード手配料425円がかかります。

月額使用料はどれだけパケットをしようするかによって変わります。

 

あまり使わない or 家のwifiメインで運用するのであれば3GB(1944円)で充分だろうし、まぁ普通に使うならば1回線6GB(2322円)くらいかと思います。

ちなみに我が家は10GB(3240円)を皆で分けて使ってます。

 

仮にめちゃくちゃ使うと仮定して2回線契約してみると…

大ちゃん10GB 3240円

千穂   6GB 2322円

合計基本使用料  5562円

 

となります。まぁこれだけあれば相当な事しても余ると思いますが…

もし余った場合は1か月間に限り翌月に繰り越せます。

 

でもまぁ普通に行けばウチと同じで1回線契約して容量をシェアする形が一番かと。

10GBをみんなで分け合う契約にすると…

10GB     3,240円

音声sim追加   1,188円

合計基本使用料  4,428円

 

になります。

 

詳しくはコチラ ⇒ 容量シェア

 

これ以外にオプションが必要ならばオプションを付ける感じ。

 

オプション

 

無理して付けることもないと思うけど。

 

 

で、ドコモを解約する際に違約金がかかります。

千穂が最低の9,500円、大ちゃんが最大の25,600円だったと仮定して計算しましょう。(合計 35,100円)

※だいちゃんが先日変えてるとの事で最悪のシミュレーションで組んでみます

 

今回は2年間契約した場合のシミュレーションしてみます。

 

先ずはずっとドコモのままの場合。

16,000 × 24(2年間) = 384,000円

 

今回simを変えた場合(10GBシェア)

4,428円 + 通話料(仮に+4000円) = 8,428円

※ちなみに我が家の月の通話料は2000円程度です。多めに見積もってます。

 

8428 × 24(2年間) = 202,272円

 

その他費用

初期手数料 3,240円

SIMカード手配料2枚 850円

ドコモ解約違約金 35,100円

上記合計 39,190円

 

202,272 + 39,190 = 241,462円

 

差額 384,000 - 241,462 = 142,538円

 

つまり、単純計算ですが使用料や違約金等含めても2年間で15万円程安くなる計算になります。

 

 

機種代残問題。

 

今回一番の問題となるのは2人の機種料金の残りがいくらか?というところにあります。

恐らく話を聞く限りでは千穂の残はゼロに近い状態にあるとは思います。

 

が、大ちゃんが先日変えたばかりという事なので残が相当あると思います。

ドコモなどもキャリアは「実質機種代0円!」を謳ってはいますが、基本的にアップルよりも高く値段設定されております。

つまり、キャリアは何もなければ若干得ですが、壊したり修理すればするほど純正よりも機種代が高いので損になります。

この辺は気になれば調べてみれば良いかと。

 

で、今回大ちゃんの新しいiphoneが6sの64GB機種変更だったと仮定して話を進めます。

ドコモでの本体価格は99,792円(アップルだと7万円しない)に設定されているかと思いますので、解約する場合はその価格を負債として抱えることになります。

 

ただ、解約すると言って一括で請求されるようなことは無いのでご安心を。

引き続き分割で引き落とされるのが通常ですので解約の際電話で聞いてみればよいかと。

 

この辺もあくまで仮定で話を進めています。詳しくは聞いてみた方が早いです。

 

で、結論として大ちゃんの先日変えた機種代が残として残るので、それが終わるまでは解約後もドコモへおよそ10万円分払い続けなければいけません。

 

が、仮に10万円機種代がかかるとしても2年間で5万円程浮く計算になります。

 

 

さらに。

 

ドコモなどのキャリアは基本的に何年使い続けても劇的な割引にはなりませんが、格安SIMの場合だと機種代の支払いが終わった場合は基本使用料の支払いのみになります。

 

つまり、同じ機種を長く使えば使うほどお得になります。

 

機種代等もろもろ費用の支払いが終わった場合は2年間で202,272円の費用発生でしたので、今およそ2年間で40万かかっている現状からすると2年間でおよそ20万円の節約になる計算です。

 

まぁ普通に考えてみてください。20万円です。

かなり高く見積もっての金額なので、実際はもっとお得になると思います。

 

つまり、およそ1か月に1万円程の節約になる可能性が高いです。

しかも特別何もせずに。今までの生活は何も変わりません。

タバコを止める必要もなければ、特別何か我慢しなくてもその金額分節約になります。

 

一気に使おうと思えばこんなことも出来ます。

ディズニーランド 1泊二日プラン

例えばですが、上記プランならば大人2人、子供2人で最も高くても10万ちょいで泊まれます。

なので、特別何もしなくとも1年に1度こういった事が可能になるのは客観的に見れば素敵な事かと。

 

 

 

 

上記は現時点での情報を元に、かなり高く見積もったうえで以上のようなシミュレーションになりました。

変更するならば早く変えた方がより大きな金額の節約にはなります。

初めに挙げたデメリットに当てはまらなければむしろ変えて損するところは無いかと。

 

ちなみに今回はOCNメインで説明しましたが他も大体一緒です。

 

自分での手続きがめんどうくさい場合は村井のBIGの中にあるダイマックとかでも代行してくれますが、やってみればなんてことない作業なので、変えるならば自分でやってみる方がお勧めです。

 

 

 

以上です。

 

 

信じるか信じないかは、あなた次第です。