チェーン店

徹底解剖!吉野家新商品「鶏すき丼」が本当に美味いのか食べてみた!

 

コムさん
コムさん
どうも。「ある意味吉野家」でお馴染みのコムさんです。
アッキーさん
アッキーさん
(くそっ…意味わからなすぎて不覚にも笑ってしまった…)

 

今回は吉野家で新発売となった話題の商品を食べてみたお話です。

そもそも発売されたのは2018年4月26日。

鶏を使用したメニュー自体が珍しい吉野家が提供する新商品の実力やいかに。

 

吉野家の新商品「鶏すき丼」とは?

この度販売する「鶏すき丼」は2012年11月以来の鶏肉を使用した商品です。
今回は店内調理にこだわり、生の食材から丁寧に下処理、加熱処理しました。
鶏肉本来の歯ごたえとうま味を感じるよう、新鮮な鶏もも肉を蒸し、注文をいただいてから特製の甘辛口のタレで和えて焼き上げ、仕上げに半熟玉子を添えたボリュームもたっぷりな一品です。
「鶏もうまいぞ。」吉野家の自信作「鶏すき丼」をどうぞご賞味ください。

 

正直あまり馴染みが無く「鶏すき」という響きにイマイチピンと来ていませんでした。

テルさん
テルさん
鶏のすき焼き?鶏のすき煮?ん?鶏が好きってこと?
コムさん
コムさん
OK。一回落ち着こう。

新鮮な鶏もも肉を蒸した後に甘辛いタレをかけて焼き上げ、玉ねぎの炒め物と半熟卵を添えた丼で、価格は並盛が450円、大盛が550円(ともに税込、以下同)。同社が鶏料理を全国展開するのは約6年ぶり。

蒸す→加熱で仕上げられたという鶏肉の食感や味はどんなものか。

吉野家としてポスト牛丼の位置付けで鶏丼が定着するのか?

気になりすぎたので早速試してみました。

 

吉野家の鶏すき丼 (並450円 大盛550円) 

まずはビジュアルです。

鶏肉は比較的ごろっと大きいものが。具材は前情報通り鶏肉と玉ねぎ。

色合い的にもなんとなく味は想像出来てしまいますが甘辛く仕上げてあります。

同店の牛丼の事考えると「価格的にちょっと割高かな?」とも思いましたが、半熟卵が標準装備されます。

調味料も通常は卓上の唐辛子では無く山椒(花山椒では無い)が添付されているのもポイント。

コムさん
コムさん
吉野家の卓上の唐辛子って実は牛丼様に七味唐辛子から辛味を抜いた四味/五味唐辛子なんだって!知ってた?
アッキーさん
アッキーさん
なるほど。かけまくっても辛味はそれほど増さずに風味が強くなるのはそういう事だったんですね!

 

さて、では早速いただいてみます。

まずは鶏肉を持ち上げてみるとプリッとした弾力が感じられます

口に「はむっ」と含んでみると味付け自体は優しい仕上がりで鶏肉自体の味が感じられる仕様。

ご飯には比較的つゆだくに近い量の甘辛のタレがかけられておりガシガシごはんが進みます。

 

ある程度食べ進めたところで、添付された山椒をハラリ。

コムさん
コムさん
あ、面白い!

少し優しく味付けされていた鶏すきがギュッと引き締まり、輪郭を露わにした感じがしました。

山椒の薫りも甘辛ダレと合います。

コムさん
コムさん
「ちょっと味的に後半ダレてくるかもしれないなぁ…甘辛ダレだけに。」

…などと脳内で考えながら食べ進めていましたが、山椒で見事に締まった印象です。

さらに終盤には紅ショウガによる味変も可能。

半熟卵と甘辛ダレでとろっとたまごかけごはんになった白米。

ブリッとした食べごたえある鶏と味の染みた玉ねぎをおかずにグイグイと食べ進めていきあっという間に完食いたしました。

コムさん
コムさん
あ~美味かった!

 

吉野家「鶏すき丼」のまとめ

鶏のしっかりとした存在感と半熟卵標準装備の嬉しい1杯。山椒で味を締めたら甘辛ダレが絡むご飯を一気にかきこむ…この幸せを見逃すな!

結論としては、とっても美味しかったです。

牛丼などと比べると味付けは比較的優しいものに感じました。

ただ、具の食感や大きさなどの存在感からくる満足度はかなりのもの。

気になる方は一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

テルさん
テルさん
なるほど。美味しかったんですねェ。牛丼屋に行って牛丼以外の物を注文すると食後に何故か牛丼が食べたくなる現象に襲われるのですが、これは今度試してみようかなぁ…
アッキーさん
アッキーさん
じゃあコムさん的に、次回吉野家に行ったら「牛丼」と「鶏すき丼」どっち食べますか?
コムさん
コムさん
え?それは牛丼。(即答)

 

気になる方は是非!

美味しかったです。

御馳走様でした!

 

コメントを残す