「みんなのテンホウ」は長野県民に愛される満足度最強のローカルチェーン店!

「長野県の王将」と言っても過言では無いテンホウ。
そこは餃子、ラーメン等「安くて美味しい!」が詰まったパラダイスです。

 

 

諏訪、岡谷、茅野、そして松本を中心として長野県内に30店舗を展開するテンホウ。
その創業はなんと昭和31年。古くから長野県民の胃袋を支えてきているこのお店。

 

ちなみに名前の由来は…

 

名前の由来は「天の宝」をカタカナで読むところから来ております。意味は「天から授かった宝物」「大変貴重なもの」など「地域社会になくてはならない店になる」という想いが込められています。

 

との事。この辺りからローカル目線なこともうかがえます。

 

詳しくはテンホウのホームページに記載してありましたので気になる方は要チェック!
→ みんなのテンホウ

 

長野県民であれば読み物としてもかなり興味深いお話しばかりで小一時間読みふけってしまいました。

 

 

青春時代テンホウで過ごしたあの時間。
私の思い出の中にはいつもそこに「テンホウ」がありました。

松本界隈での話をさせていただきますと、昨年並柳店がオープンしたのは記憶に新しいですね。
ちなみに、わたしがホームグラウンドとしているお店は、渚店と南松本店です。

 

今回は穂高店でのお話です。

 

メニュー

IMG_6039 IMG_6040

 

なんと言ってもこのクラクラするほどの主張の強い黄色と赤のコントラスト。
これが私的にはテンホウのイメージカラーです。

ちなみに各店舗ごと違うメニューがあったりするのもテンホウの楽しい所。

 

メニュー構成は基本はラーメン、餃子。
更にはごはんものから派生してもはや何でもありな状態。
大衆食堂的な側面もあり、ラーメンチェーンと言われればそうとも言う状態。

私的にはチャーハンが無いのが少し物足りなくもあり、定番導入を熱望して止みません。

そして、テンホウのデザートと言えば何と言ってもソフトクリーム。
「なんでソフトクリーム?」と言われれば「それは、テンホウだから。」と答えてしまうほど定番化しております。

 

セットメニューも充実。
セットと言うよりコンビネーションと言った方がしっくりきます。

 

IMG_6038

 

壁一面にずらっと色々なメニューが。
言いたいことも言えないこんな世の中ですが、とにかくナニかを伝えたい気持ちが伝わってきます。

この中でも、三世代で来店すると300円のお食事券が頂ける「三世代家族割引」はなかなか特徴的で店側の意向がひしひしと伝わってきます。

 

IMG_6042

 

こんなものもありました。

ちなみに14日はテンホウの日(テン・フォー)として餃子が半額になったりします。
他にも店舗ごと色々なお得メニューがあるようですが…

 

このテンホウの餃子。一言で言いますとかなり特徴的なお味です。
テンホウの餃子が苦手だと言う方も少なからずいらっしゃることは確かです。

一般的なにんにくを効かせたガッツリ餃子とは違い、何と言いますかスパイスの薫りが強い。

全て自社工場で作っているようですが一般的な餃子にはあまり使われない「スターアニス(八角)、フェンネル、シナモン」等数種類のスパイスを使用し「医食同源」を信念として作り上げられているとの事が発覚いたしました(八角だけに)。

この餃子のクセは、私的には最早懐かしさにも似た何とも言えない味となっており、時々中毒的に食べたくなることがあります。

 

 

仲間内でテンホウに行くとその人その人によってある程度好みのメニューが決まっている傾向にあります。
私自身ももちろんマイベストメニューがいくつかあります。

今回はその中の1つを。

 

皿うどん 600円

IMG_6045

 

いわゆるかたやきそばです。

もやし、人参、キャベツ、キクラゲ、豚肉。
これがテンホウにおける基本野菜たちになります。
野菜炒めだったり野菜を使うメニューにはほとんどこのテンホウ野菜たちが使われております。

こちらの基本野菜がたっぷりのあんでパリパリの麺をいただきます。

ちなみにお酢ではなく添付されるレモン汁をかけて。

 

もう「間違いない!」のは言わずもがな。
お味もしっかりと美味しいのです。

後半はウスターソースなんかで味を変えたりして。
あんによってふやけてきた麺とフレッシュなパリパリ部分のコントラストを楽しみながら。

最高です。至福の時。

 

ちなみに私的によく頼むメニューを挙げておきますと…

  • 定食 700円
  • ソースかつ丼 630円
  • 皿うどん 600円

 

多分注文数で行くと定食がダントツかと。
餃子と野菜炒めが食べられる幸せ。

逆にごはんものが多い私ですが、ラーメンの方が多いという方もかなり多いかと。
それだけ好みの分かれる個性のある商品がそろっているという事です。

 

ちなみに人気NO1は「辛くない!」でお馴染み「タンタンメン490円」とのこと。
タンタンメンの売り文句としてはなかなか思い切ったキャッチフレーズにうっとり。
次点で私の愛する定食がNO2とのこと。

チャーメンやバンバンチーメン、肉揚げ各種ラーメンも人気高そうです。

激戦。

 

 

今回はこんなものも少しだけ味見。

しじみラーメン 640円

IMG_6044

 

オルニチンで攻めてきましたか。
肝臓の具合まで気にしてくれるラーメン屋さんってなかなか無いですからね。

 

IMG_6043

 

どさっと乗せられた岩のりが印象的ですが、面白いのがこの添付された青シソわさび!
紫蘇の風味とわさびの薫りが一杯の印象をさわやかに演出してくれます。

コレ、本当に良い。

染み入る一杯。

 

台湾ラーメン 600円

IMG_6046

 

こちらも人気メニューかと。

メニューには「辛い!」との記載がありこの見た目なので若干たじろいでしまいますが、個人的にはほどほどのピリ辛。

ひき肉由来と思われる甘味と旨味で、辛さだけでは無いとても奥行きのある味わい。
にらともやしのシャキッと感も良いです。

 

 

こうやって見ると、何を頼んでも間違いが無くお値段も安めの設定なのでテンホウのポテンシャルはかなり底なしだと思っております。

皆様も皆様なりの「マイテンホウベストメニュー」があるかと思いますのでもしよろしければ教えてください。

 

まさに「みんなのテンホウ」!またお邪魔致します。

 

御馳走様でした。

 

 

 

店名 テンホウ穂高店
住所 長野県安曇野市穂高456-1
営業時間 11:00〜22:00
電話番号 0263-82-1940
定休日 なし

 

コメントを残す

関連記事

松本市周辺で二郎系ラーメンを喰らうならココ!「麺とび六方」でガッツリ!…うぷ。

知る人ぞ知る秘密のお店!松本市芳野「はやし食堂」の色々な意味で隠れた魅力に迫る!

穂高神社近く「食事処北野家」で70余年変わらぬ味、絶品ソースかつ重に出会った!

無化調のこだわり!塩尻市「無奏天生」は妥協無しっ!

「丸山食堂」は地域に愛される昔ながらのボリューム満点の大衆食堂だった!

らあめん扶桑がリニューアル!豚骨らあめん専門店「とんこつ家 然」で豚骨醤油らあめ...