アウトドア

火おこしのコツ伝授します!初心者でも何も使わずに素早く簡単に出来る秘密とは?

どうも。バーベキューマニアことヤミツキマツモトのコムさん(@infoyami2ki)です。

キャンプなどの際に会場設営とともに真っ先に取り掛かりたい今回の話題。

今回は屋外バーベキューでは必ず必要になってくる「火おこし」の方法に関してまとめていきます。

テルさん
テルさん
あー…時間もかかるし正直ちょっと面倒くさいんですよね。
超ナッツマン
超ナッツマン
わかる!

 

この記事はこんな方にオススメ
  • 火起こしは正直めんどくさい
  • 簡単に火起こしをするコツが知りたい
  • 着火剤に頼らず火起こしをしてみたい

今回は「簡単に火おこしが出来るコツ」をまとめてみました!

 

基本的な火おこしの際の工夫とは?

一般的な方法としては新聞紙などに火をつけ、それを炭に移していく方法が上げられると思います。

では、着火の際はどのような事に注意していけばスムーズに火おこしが出来るのでしょうか?

 

着火剤等の燃焼しやすい物を火元として利用する!

ロゴス(LOGOS)
¥792
(2020/10/28 23:04:57時点 Amazon調べ-詳細)

着火剤は液状のものや固形の物まで様々なものが発売されております。

さらには市販の物で無くとも日用品の中で代替えできるものもあります。

着火剤の代用品になるものは以前の記事にまとめてありますので参考にご覧ください。

【着火剤の代用品まとめ】身近なものを使った簡単火おこしの裏技!どうも。バーベキューマニアことヤミツキマツモトのコムさん(@infoyami2ki)です 皆様はバーベキューやキャンプの時にこんな...

 

煙突効果(チムニー効果)を意識する。

煙突効果(えんとつこうか、英: stack effect)とは、煙突の中に外気より高温の空気があるときに、高温の空気は低温の空気より密度が低いため煙突内の空気に浮力が生じる結果、煙突下部の空気取り入れ口から外部の冷たい空気を煙突に引き入れながら暖かい空気が上昇する現象をいう。

火おこしの核心はココに有ります。

温度と空気の流れを利用し、効果的に炭に火を移していきましょう。

では、具体的にどのように炭に火を移していけばよいのか見ていきます。

今回は新聞紙だけで着火する方法を例に考えてみます。他の着火剤などを使用する場合は随所でどんどんと使用してください。

 

先ずは新聞紙を棒状にギュッとまとめたものを「井」(井の字形)に組んで空間を確保する。

組まれた新聞紙の周りに炭で壁を作るように囲みます。

※高さによっては数段重ねて、キャンプファイアーの周りに炭で壁で家を作るイメージ。

これが基本の形になります。

それが出来れば後は簡単で、天井部分から火種を入れて(もしくはチャッカマンなどで中の新聞紙に着火)放置しておくだけです。

テルさん
テルさん
うちわとかで仰がなくて良いの?
アッキーさん
アッキーさん
基本は放置です。煙突効果による自然の力にお任せしましょう。
ナッツマン
ナッツマン
思っていたより簡単!

 

なぜ、『煙突効果(チムニー効果)』を利用すると簡単に火おこしが出来るのか?

先ずは中の新聞紙などを井の字型に組み上げることによって余裕のある空間を確保している事が大切です。

この空間で燃焼が起こることによって内部が高温になり、壁として円柱状に組まれた炭の隙間から空気をめいっぱい吸い上げる形となり結果的に常にうちわで煽るのと同じ空気の流れが生まれます

その吸い込まれた空気は煙突効果により上に逃げていくため、効率よく熱が廻って火が付きやすい状況となるのです。

アッキーさん
アッキーさん
今まで散々うちわで煽っていたのはいったいなんだったのか…

 

呼吸できる隙間と壁、そして熱を上昇させて逃がす仕組みをイメージすれば今回のこの形にこだわる必要は無いです。

炭で作った壁がしっかりしていれば煙突効果も高くなるため、燃焼の途中でガチャガチャといじったりしない事が大切になってきます。

 

着火アイテム無しで火おこしするコツまとめ

全ては煙突効果を意識すれば手間もかからずに火おこしが出来ます!広い部屋、呼吸も出来てしっかりした炭壁、熱が上昇しやすい円柱状を意識して差を見せつけろ!

いかがだったでしょうか。

バーベキュー、キャンプどちらにもついて回る火おこしの煩わしさ。

火おこしを少しでも時短してせっかくの楽しみの時間満喫しましょう!

気になる方は要チェックです!

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥1,200
(2020/10/28 23:04:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

松本市テイクアウト情報は「ウチメシまつもと」

松本市のテイクアウト情報は「ウチメシまつもと」で探そう!

↓下のボルシチ君をクリック!↓

コメントを残す