にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 松本情報へ

松本市のPIM SIAM(ピムサイアム)は超本格派タイ料理が味わえ、食材屋とマッサージ店も兼ねたまさに島内のタイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年1月に西堀に御座いました「PIM SHOP(ピムショップ)」が島内に移転!

今月から魅惑のタイ料理が味わえるランチを開始したとのことで、早速お伺いしてきました!

何を隠そうこの私、この手の料理大好物なんです。

松本市内にもタイ料理のお店や美味しいカレー屋さんは数多くあります。

今回ご紹介するのはタイ料理のお店。

今年移転オープンしたばかりのお店です。

食事スペースの隣にはタイの食材屋さんも併設されております。

各種スパイスやパクチーなどの野菜、トムヤムペーストやグリーンカレーペースト、お米に缶詰等、日常にちょっとした変化を与えてくれる素敵な「きっかけ」が詰まったワンダーランドです。

更にタイ式マッサージのお店も一緒にやられているとのこと。

もうここまでくるとタイそのものですね。

ここはタイと言っても過言では無いのかもしれません。

…過言でした。島内です。申し訳ございませんでした。

わたしも数年前まではタイ料理等はそれほど深く知らなかったこともあり、特に外食でチョイスするということはほぼありませんでした。

…が。

今や大好物料理になってしまいました。

と、いう事で今回はこのお店を徹底チェキ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メニュー

IMG_6999

店前にはいかにも大陸的な彼女がランチメニューと共に立っております。

さながらアジアのカーネルサンダース。

ランチタイムは基本的に11:30~14:00とのことでした。

この時間中は日替わりで2種~3種のものがチョイスされその中から選ぶパターン。

つまり、ランチメニュー以外は選べないのでご注意を。

IMG_7000

この日のメニューは上記2種でした。

ちなみに料理人が今後増える予定があるのでメニュー数も昼、夜ともに追って増えていくとの事。

楽しみすぎる。

ちなみに店内はカウンターもありますが基本テーブル。

この日も結構にぎわっておりました。女性客がとにかく多い印象。

一応今回お邪魔したのはお昼ですが、お願いして夜用メニューも見せていただきましたので一挙公開。

IMG_7001

IMG_7002

IMG_7003

IMG_7004

IMG_7005

IMG_7006

コチラが夜のメニューとのこと。

夜は未訪ですのでどこまで提供されているか未確認ですので悪しからず。

ツボを押さえたメニュー構成。

…とは言っても私もただ好きなだけで決して詳しいわけではないのですが。

空芯菜の炒めとか絶対美味いのになかなか食べられるお店に出会えない「遅れてきたエース」とか、私的にはムーマナウをずっと食べたかったので胸が熱くなりました。

勿論トムヤムクンや生春巻きもありそうですので初めてのタイ料理にもタイにゆかりのある方でもバッチリなラインナップ。

※ゆかりといっても三島食品のゆかりでも海老せんべいのゆかりでも御座いませんので、悪しからずです。

しかし色鮮やかでどんな味か想像しているだけで楽しい。

この日はお昼時でしたのでランチメニューを心していただきました!

ガパオライスセット 600円

IMG_7010

そもそもガパオと言うのはホーリーバジルと言う葉っぱのタイ語名でそのバジルを使った炒め物をパッガパオと言います。

そのパッガパオをご飯に乗せたお料理をいわゆる日本語でガパオライスと呼んでます。

いわゆる私も含め日本で一般的に言われる「ガパオライス」ってものは本当に広く使われていますが、本来は「ホーリーバジルを使った炒め物 with ご飯」ということなのでしょう。

ひき肉だろうがシーフードだろうがひき肉では無く肉の食感をある程度残したものであろうが、ホーリーバジルで炒めた炒め物をごはんと食べればガパオライスって認識で良いのでしょうか。

写真にあるように揚げた目玉焼き(タイガーオ)も乗せられており見た目は満点。

ガパオライス好きな私としては運ばれてきた時点でテンションMAXであります。

コチラのお店では豚肉、たまねぎ、パプリカ、ホーリーバジルといったシンプルな炒め物。

食べる前から脳内会議で満点が叩き出されております。

いただいてみますと、味付けがハッキリしており、明らかにごはんがススム仕様。

ごはんが形成時と思われるが思った以上に圧縮率が高くこの量ながら食べ応え抜群。

私的にはタイ米のようなパサっとしたご飯を想像しておりましたが、ここは日本的なもっちり仕様でした。

この目玉焼きの揚げた「カリッと食感」「半熟の黄身がトロリ」の思惑通りの補助魔法は想像よりも大分嬉しい。

味もさることながらビジュアル面でのテンションの上がり方、半端じゃない。

んでもってちょっと遅れてじわじわくる辛さ。

辛いと言っても悶絶するほどでは無く体がポカポカしてくる程度の辛さ。

…とは言え汗っかきの私はちゃっかりと汗かきましたけどね。

タイ料理の大陸的な感じに苦手意識をもっている方や、なんとなく激辛を恐れて敬遠してしまう方にはココのガパオライスはオススメ。

何となく日本人好みの定食のおかずような炒め物にも通じる味付けにごはんが止まらない。

ちなみに。

IMG_7011

セットで付いてきましたのはこのタイサラダとスープ。

スープは写真無しで申し訳ありませんがシンプルであっさりとした鶏のスープ。

で、このタイサラダは何と表現してよいのか難しいですが、「酸っぱすぎなくてちょっと辛いなます」っぽい感じのお味で口の中がさっぱりして美味っ!

この内容で600円は私的にはかなり嬉しい。

勿論、もう一方のランチもいただきました!

とりレッドカレーセット 850円

IMG_6308

これね、何が凄いって安達祐実さんも真っ青になるくらい具が大きいんです。

スプーンですくいあげると鶏肉やたけのこがでるわでるわ。

もカットが大振りで食べ応えのある事。

見方によっては「鶏と筍のレッドカレー煮込み」と言っても間違えではないくらいの秀逸なビッ具。

しかも、しっかりと辛いながらもココナッツのまろ~んとしたやさしさに包まれたならきっと目に映るすべての事はメッセージ。

この手のカレーが好きな方には間違いなくヒットします。絶対美味い。

ここのお店のカレーの特徴として感じたのは、辛さは中の上位でほどほどながらも塩気は結構強めでわかりやすいお味。

大好きなメーヤウとの私的な比較ですが、辛味はメーヤウの方が数段上ですが塩気と味のハッキリさはコチラのお店のほうがわかりやすい。

メーヤウでプリックナンプラーをたっぷりかけて食べる方はコチラのお店のお味も肌に合うと思います。

このお店…素直に、そして最高に良いぞっ…!!

まだOPENして間もない上にランチを開始したのは今月からなので、タイ料理等お好きな方には是非とも行ってみていただきたいお店の1つです。

絶対にまたお伺いいたします。

御馳走様でした。

店名 PIMSIAM ピムサイアム
住所 長野県松本市島内4113-4
電話番号 026-388-8218

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    もう夜やってるんですかね?、こないだ聞いた時はランチしかまだやってないと…。
    行かなければならぬ!
    情報ありがとうございます!

    • 管理人com. 管理人com. より:

      コメントありがとうございます(^-^)/
      私も夜営業の確認が曖昧のままで申し訳ございません!

      前回お邪魔した際は「夜のメニュー見せてもらえますか?」と聞いてこのメニューを見せていただいただけで営業が開始されているかどうかの確認まではしておりません…

      その後「もう少ししたらタイから料理する人がまたくるからメニュー増えるよ!」と言っておりましたので、ランチしかやっていないのだとしたらそのタイミングで夜営業も開始といった感じかもしれません。

      何れにせよ具体的な期日がわからないので引き続き動向を注視して参ります!
      動きや情報ありましたらまたお伝えいたしますし、逆に何か情報ございましたら教えてください!

  2. 匿名 より:

    前質問したものです!
    本日ディナーの時間帯で行ってきますねー

  3. 管理人com. 管理人com. より:

    御連絡ありがとうございます!

    確認できておらず申し訳ございませんが情報では6/19にグランドオープンされたとの事です!

    魅惑のメニュー豊富なのが目に浮かびます…

    また宜しければで結構ですのでご感想など聞かせてください!

    いつもコメント励みになります。ありがとうございます。

コメントを残す