市販品

衝撃!激辛世界王者「トゥムセラーメン」は絶対に食べたらあかん!

コムさん
コムさん
どうも。ヤミツキマツモトのコムさん(@infoyami2ki)です。

私自身辛い物が得意なわけでは無いですが、話題性と興味本位で激辛商品を手に取ることが多いです。

その好奇心は日本国内に留まらず、世界的に有名な激辛アイテムにまで手を出すようになりました。

以前記事にさせて頂きました韓国の「ヘクプルダックポックンミョン(ブルダック炒め麺)」は味わったことの無いレベルの辛味に悶絶したのは記憶に新しいです。

ワールドふれんど
¥580
(2018/12/11 17:34:22時点 Amazon調べ-詳細)

辛さを数値で表すには「スコヴィル値」という指標を使用いたします。
※スコヴィル値の詳細はブルダックポックンミョンの記事をご覧ください。

前回衝撃を受けたヘクブルダックポックンミョンは8,800スコヴィルと世界有数の辛さでしたが、今回挑戦したものはそれを上回るスコヴィル値を誇る辛いラーメンの中で「絶対王者」と呼ばれている危険な代物です。

さっそく激闘の記録を振り返ってみましょう。

 

「トゥムセラーメン」ってそもそも何?どこで買えるの?

トゥンセラーメン(または、トゥムセラーメン。틈새라면)1981年に韓国・ソウルの明洞でオープンした人気ラーメン店のラーメンを、インスタント化したものである。トゥンセ(틈새)とは、「隙間」という意味であり、ビルとビルの間の隙間に隠れ家のように出店したことが由来となっているという。

激辛文化に比較的馴染みのある韓国人の方でも辛くて食べられないと言う方がいるほど本格的な代物です。

先程スコヴィル値の話を致しましたが、コチラのトゥムセラーメンのスコヴィル値は前回のヘクブルダックポックンミョンを上回る9,413スコヴィルとのこと。

テルさん
テルさん
(…最早なんのこっちゃわかりません。)

一度はヘクブルダックポックンミョンにスコヴィル値で負けてしまったものの、リニューアルして再び韓国最高のスコヴィル値へ返り咲いた不屈の逸品。

超ナッツマン
超ナッツマン
絶対意地になってる!最早兵器!

日本の店頭で販売されているところはなかなかお目にかかることは出来ませんので、通販で手に入れるのが現実的です。(新大久保などの専門店には置いてある店もあるとのこと)

トムセ(トゥンセ)ラーメン
¥480
(2018/12/11 17:34:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

「トゥムセラーメン」の価格は?カロリーや塩分量は?

この手の激辛商品を食べるにあたってこの手の成分を気にする方はあまりいらっしゃらないと思いますが引用させていただきます。

● 品  名
八道・トゥンセラーメン
● 原材料名
麺-小麦粉(アメリカ産、オーストリア産)、パーム油、ジャガイモでん粉、変性タピオカ澱粉、酢酸でん粉、精製塩、グルテン、卵殻粉末(卵)、甘味油S(大豆)、シーズニング調味液、麺類添加アルカリ剤(炭酸カリウム、炭酸ナトリウム)、グアゴム、酸度調節剤、d‐トコフェロール(混合形)、オレオレジンローズマリー、ビタミン2

スープ-精製塩、唐辛子粉、L-グルタミン酸ナトリウム(香味増進剤)、幹キャベツ、幹ネギ、ヤンニョム牛肉味粉末(大豆、小麦)、牛肉調味粉末(牛乳)、スープベース、プルコギ味粉末、幹紅パプリカ、椎茸、辛い風味粉、牛肉味粉、辛いスパイス粉末、砂糖、調味ニンニク粉、イースト調味液粉末、椎茸エキス粉末B、辛口ベース、醸造醤油粉末、牛骨ソル湯粉末、葡萄糖、黒胡椒粉末、二酸化珪素、香味増進剤、パプリカ抽出色素、調味味粉ビープシーズニングオイル

※アレルギー注意 : 卵類、牛乳、ピーナツ、大豆、小麦粉、蟹、海老、豚肉を使用した商品と同じ場所で製造されました。
● 内容量
120g
● カロリー
120g当たり490kcal
● 保存方法
直射日光を避け、湿気のない涼しい場所で保存してください。
● 原産国名
大韓民国

◎栄養成分表示(120g当たり)
エネルギー 490kcal
タンパク質 11g
脂肪 15g
炭水化物 78g
ナトリウム 2,020mg
コレステロール 0mg
糖類 3g

1食490kcalで食塩相当量はおよそ5g程。

但しこの食品に限れば麺を全て完食、スープも全て完飲出来たら…の話ですので、そこまで気にすることは無いかと思います。

ナッツマン
ナッツマン
多分辛すぎて無理death!

強烈な辛口の中毒!!

しこしこする麺!濃い牛肉ベース!強烈な深い辛い味!
キャベツ、しいたけがたっぷり!

韓国で日本で言う昔ながらの「桂花ラーメン」とえば、
この【トゥンセラーメン】です。
別名「パルゲトック(赤い餅)」と言われるほど、
激辛で、当時は寒くて冬をしのぐのに大変でした。
昔、発祥地・明洞(ミョンドン)で行列の日々が続いたという
有名でかつ、激辛のうまみラーメン。
トックまで入れると、さらにググッとおいしくなります。
(https://www.kftpro.jp/goods_detail.php?goodsIdx=1840より引用)

アッキーさん
アッキーさん
寒さを凌ぐのになにもここまで辛さを追い求めなくても良いのでは?という素朴な疑問が…

今回手に入れた貴重な一品。早速開封してみましょう。

 

「トゥムセラーメン」開封してみた!

トゥムセラーメンはインスタント袋麺なので内容もシンプルです。

乾麺とかやくとスープの素のみです。

一見すると普通の袋麺ですが、スープの素の色が信じられないくらい真っ赤です。

なにもここまで赤く無くても良いのでは…?とやり過ぎ感に恐怖を覚え始めます。

かやくはかやくと言うよりは最早薬味でしかなく、乾燥長ねぎにしか見えません。

コイツをお湯に入れてグツグツと3分半茹でていきます。

 

いざ世界へ!激辛「トゥムセラーメン」実際に食べてみた!

コチラが完成した様子です。

水分量もキッチリと図り仕上がったラーメンは思いのほかクリアな赤色で薄めのトマトスープと言った様子。

薫りの方もインスタント麺によくある感じの美味しそうな薫りが漂っております。…が、何故だかちょっとむせてしまう不思議な感じも。

さて、いよいよ実際に食べてみます。

今回も激辛耐性の強いアッキーさんと一緒に頂きました。

まずはアッキーさんがズルズルっと…

アッキーさん
アッキーさん
ごほっ…!!
コムさん
コムさん
(…むせてるっ!?これ相当辛いんじゃない!?)
アッキーさん
アッキーさん
うん。う~ん。
テルさん
テルさん
リアクション薄っ!!

勿論辛いには辛いのですが、ヘクブルダックポックンミョンを食べた時のような感動は無いように思いました。

ヘクブルダックポックンミョン自体は炒め麺なのでダイレクトに辛味が凝縮されるのに対してトゥムセラーメンはスープがあることで若干辛味が分散しているのかもしれません。

むしろ美味しそうにずるずると食べ続けるアッキーさん。

辛い物は面白がって食べるけれど、辛味にはそれほど強くない私も頂いてみました。

コムさん
コムさん
…あ~~…って辛いわっ!!(怒)

しっかりした辛味!というか痛み!

むしろこれが平気な人は間違いなくちょっとイッチャってるであろうくらいの激辛っぷり。

アッキーさん
アッキーさん
そう。僕はちょっとイッチャッてるのかもしれませんね…

ブルダックポックンミョンは味自体もかなり濃厚で辛いながらもまた食べたくなるような味付けなのに対し、今回のトゥムセラーメンは牛肉の旨味がありながらもサラッとした上品な仕上がり。

テルさん
テルさん
…この辛さ、全然上品じゃないよ!
コムさん
コムさん
味だけの話をむりやりまとめてブルダック炒め麺と比較しただけですので悪しからず…実際は上品でもなんでもないです。

ただ、スコヴィル値は高いのかもしれませんが、体感的にはヘクブルダックの時の方がガツンと鋭く脳天に抜ける辛味は上だったと思います。

トゥムセの辛味はズシンと響く鈍いタイプのもので、恐らく普通の方はスープまで完飲するのは難しいと思われます。

しかし、辛味を抜いて考えるとしっかりと旨味のあるインスタント袋麺であったと感じました。

コムさん
コムさん
じゃあ辛味を抜いてくれ!かれ~っ!
超ナッツマン
超ナッツマン
良い子のみんな、興味本位で食べたらあかんよ!

 

激闘の記録!「トゥムセラーメン」のまとめ

世界で最も高いスコヴィル値を誇るトゥムセラーメン。実際に頂いた感じではズシンと来る鈍い痛みが特徴的な本物の辛さは流石。ヘクブルダックポックンミョンと比べると辛さの質は違うもののスープがある分食べやすく感じました。但し、絶対に辛いのが苦手な人は食べてはいけない!絶対にだ!お兄さんとの約束だよ。

いかがだったでしょうか。

韓国で最も辛いとされるラーメン「トゥムセラーメン」

我々は面白い物を常に追い求めていきます。

アッキーさん
アッキーさん
(…興味本位で食べるなって言っていたのに。)
テルさん
テルさん
世界と戦い続ける世界のアッキー、今後も注目だよ!

※今回の激闘では「辛い物を食べた」という事以外に実は「辛い物を辛く感じなくなる方法」の発見にも至りました。

動画で比較的リアクションが薄いのはそのためです。

未だにヤミツキマツモトしか知らない驚きの辛さを打ち消す方法とは…?
近いうち実証してまた御報告したいと思います。

気になる方は(激辛でも大丈夫な人に限って)是非!

辛かったです。

御馳走様でした。

トゥムセラーメンをお土産で買ってきてくださったナガブロのブロガー@kimeiderさん本当にありがとうございました!

kimeiderさんのブログはコチラ! ⇒ 信州裏グルメ情報

皆さまからの挑戦状お待ちしております。

 

 

⇩詳細は動画をご覧ください!⇩

宜しければチャンネル登録お願いいたします!

トムセ(トゥンセ)ラーメン
¥480
(2018/12/11 17:34:23時点 Amazon調べ-詳細)

世界最辛!?韓国の激辛麺「ヘクブルダックポックンミョン」と激闘の記録!! 魔性の言葉「激辛」 それは人々にとって癖になるような食欲を刺激する要素である半面、兵器ともなりうるほどの危険性をも...
松本市「凌駕IDEA」は多彩なラーメンが食べられる超人気店!【激辛も超話題!】      松本市高宮に2017年3月に高宮に移転オープンした大人気ラーメン店「凌駕IDEA」。  その...

 

コメントを残す